こんな夜更けにバナナかよロケ地・撮影場所(大泉洋、高畑充希目撃情報アリ)

こんな夜更けにバナナかよロケ地・撮影場所(大泉洋、高畑充希目撃情報アリ)

こんな夜更けにバナナかよロケ地

大泉洋さん主演『こんな夜更けにバナナかよ、愛しき実話』のロケ地は、オール北海道で撮影されています。

撮影期間は、2018年5月下旬から20187月上旬までを予定しているとのことです。

エキストラの募集も行われ、現在撮影が行われています。

そんな『こんな夜更けにバナナかよ、愛しき実話』のロケ地を、ファンからの目撃情報やエキストラ募集要項、キャストからの報告などをもとにまとめましたので参考にしていただければと思います。

山の手北風公園周辺

こんな夜更けにバナナかよロケ地『山の手北風公園周辺』
北海道札幌市西区山の手2条3丁目4

札幌市西区にある山の手の北風公園周辺で大泉洋さん、高畑充希さんの目撃情報がありました。

三浦春馬さんの公式ツイッターからも同日、撮影の様子が投稿されていたことから、主要キャスト揃っての撮影が行われたようです。

こちらでの撮影は『まさかの濃密シーン』ともありまし、作品にとってかなり重要なシーンの撮影だったようです。

撮影当日、山の手の北風公園周辺は通行止めになっていて厳戒態勢の中行われた模様です。

エキストラ募集要項で公園での子供の募集があったので、おそらくこちらでの撮影だと思われます。

旭山記念公園

北海道札幌市中央区界川4

『こんな夜更けにバナナかよ』と三浦春馬さん公式ツイッターから旭山記念公園での撮影の様子が投稿されていました。

その他の目撃情報

エキストラ募集要項

こんな夜更けにバナナかよエキストラ募集要項
札幌フィルムコミッションからエキストラの募集も行われています。

『こんな夜更けにバナナかよ』では、筋ジストロフィーという難病にかかる身体の不自由な男性の役を大泉洋さんが演じますが、エキストラの募集日程などを見ると病院でのシーンなどは6月16日から22日の間に行われるのかもしれません。

まとめ

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の原作は、幼少期から難病筋ジストロフィーにかかり、人に助けられながらでないと生きていけない体となった実在の人物・鹿野靖明さんになります。

筋ジストロフィーとは、筋肉の繊維が壊死(えし)してしまうことで筋肉が低下して、生活に支障が出る難病です。

現時点では、効果的な治療方法なないとされています。

大泉洋さんが鹿野靖明さんを演じますが、おそらく車いすでの撮影になるかと思いますし、難しい役になりそうです。

現在、北海道にて撮影中ですので新たなロケ地が分かり次第、記事に追加していきます。

なお、更新は当サイトのツイッターでもお知らせしますので、どうぞそちらもご覧になっていただければと思います。

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の劇場公開は、2018年冬です。

■公開情報
監督:前田哲
原作:渡辺一史
脚本:橋本裕志
配給:松竹

その他、目撃情報などありましたら、コメント欄にてお知らせいただきましたら記事に追加させていただきますので、どうぞお気軽にコメントください♪

映画のロケ地紹介カテゴリの最新記事