ルパンの娘ロケ地・撮影場所(深田恭子目撃情報アリ)

ルパンの娘ロケ地・撮影場所

深田恭子さん主演木曜ドラマ『ルパンの娘』のロケ地は、栃木県、埼玉県、千葉県などの関東近郊になります。

撮影は、2019年5月下旬から行われています。

そんなドラマ『ルパンの娘』のロケ地を、ファンからの目撃情報をもとにまとめましたので、参考にしていただければと思います。

小山工業高等専門学校

栃木県小山市中久喜771

栃木県小山市にある、小山工業高等専門学校で深田恭子さん、瀬戸康史さん、渡部篤郎さんの目撃がありました。

東京都江戸川区東葛西5丁目

6月13日、東京都江戸川区東葛西5丁目で深田恭子さん、瀬戸康史さんの目撃がありました。

この日は多くの目撃情報がありました。

ふなばしアンデルセン公園

千葉県船橋市金堀町525

ルパンの娘公式ツイッターより、千葉県船橋市にあるふなばしアンデルセン公園で撮影が行われたとありました。

アンデルセン公園とルパンの娘の雰囲気が合ってますね。

飯能市立図書館

埼玉県飯能市山手町19番5号

ルパンの娘で、瀬戸康史さん演じる桜庭和馬の母親役でマルシアさんが出演されますが、撮影の様子がマルシアさんのツイッターより投稿がありました。

アニヴェルセル 東京ベイ

結婚式場などを運営するアニヴェルセルより、アニヴェルセル東京ベイが撮影に協力したと報告がありました。

鑁阿寺(ばんなじ)

栃木県足利市家富町2220

8月11日、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山『鑁阿寺』で深田恭子さんの目撃がありました。

この日はエキストラの募集も足利市で行われていました。

あらすじ

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)を演じるのは、深田恭子さん。

悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。

主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。
ルパンの娘オフィシャルホームページより引用

まとめ


『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディーです。

原作は、横関大さんの同名小説になります。

泥棒の娘(深田恭子さん)と結婚を考えた男は警察官(瀬戸康史さん)という構図がたまりませんね!

原作も面白かったと評判です。

撮影は、まだ始まったばかりですので新たなロケ地が分かり次第、記事にて追加していきます。

ロケ地の最新情報に関しては当サイトのツイッターよりアナウンスさせていただきます。

ドラマ『ルパンの娘』第8話は2019年29日木曜10時放送です。

深田恭子さんは他の作品の撮影でも目撃されているので、下記のページのロケ地もご一緒にどうぞ。
⇒ 初めて恋をした日に読む話ロケ地・撮影場所(深田恭子目撃情報アリ)
ブログランキング参加中

面白かったよぉ~って方は下記をクリックして当サイトを応援していただけると非常に嬉しいです。

ベスト3目指してます!

あなたのお力をお貸しください(*u_u*)ペコ
人気ブログランキング