映画焼肉ドラゴンロケ地・撮影場所(井上真央、大泉洋目撃情報アリ)

映画焼肉ドラゴンロケ地・撮影場所(井上真央、大泉洋目撃情報アリ)

焼肉ドラゴンロケ地

映画焼肉ドラゴンのロケ地は、兵庫県猪名川町、京都府を中心に行われました。

撮影期間は、2017年4月上旬から5月中旬まで行われています。

撮影期間は一か月ちょっとありましたが、そのほとんどが京都での撮影で目撃情報も少なめでした。

猪名川町では野外ロケの様子が目撃されています。

兵庫県猪名川土手

焼肉ドラゴンロケ地『猪名川土手』

大阪国際空港すぐ横の土手でロケの目撃情報がありました。

この場所は、地元の方の中では飛行機の離発着が良く見えるスポットということで有名のようで、予告動画でシーンがながれていました。

井上真央が京都で一か月のロケを報告

井上さんは、1か月ほど京都で映画の撮影をしていました。
映画関係者談

井上真央さんは京都ではおよそ一か月ほど撮影をしていたようですが、目撃情報は見つけられませんでした。

焼肉ドラゴンの時代は設定は1970年代なので、昭和の時代が残る場所で、しかもロケがあまり目立たない場所ということで、京都の東映太秦映画村のテーマパークで行われた可能性が高いです。

東映太秦映画村

東映太秦映画村

《東映太秦映画村 詳細》
京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
075-864-7716

東映太秦映画村で撮影された主な作品としては下記の作品があります。

まとめ


焼肉ドラゴンは大阪で焼肉店を営む在日朝鮮人家族のストーリーであり、2008年に日韓で上映されました。

ちなみに肌肉ドラゴンの監督の鄭義信(チョン・ウィシン)さんも韓国の方です。

また、キャストも井上真央さんの復帰作であることからも話題となっています。
真木よう子さん、桜庭ななみさん、大泉洋さんなどの主要キャストにくわえて大谷亮平さんも出演されます。

舞台『焼肉ドラゴン』では第16回読売演劇大賞を受賞するなど評価の高い作品ですので、映画も楽しみです。

映画焼肉ドラン劇場公開は、2018年6月22日です。

■公開情報
監督:鄭義信
原作:鄭義信
脚本:鄭義信
配給:KADOKAWA
上映時間:126分

映画のロケ地カテゴリの最新記事