【動画あり】バタフライエフェクト1を観た感想

バタフライエフェクトヘッダー
まだ見ていない人がいたら必ず見てください

私は映画のジャンルの中でSF系とサスペンス系が大好きですが、今日ご紹介するのは私の大好物SFとサスペンスが見事にかけ合わさった珠玉な作品『バタフライエフェクト1』です。

※バタフライエフェクトは1,2,3とあり、今回は1のご紹介です。

中でも人類の夢、タイムスリップ系には特にうるさい私ですがバタフライエフェクトはいぃ〜い塩梅(あんばい)で、なおかつ時間を忘れてしまうくらい作品に引き込まれます。

本当にオススメな作品です!

バタフライエフェクト1予告

評価

10点(10点満点中)

ストーリー

バタフライエフェクトストーリー
少年の頃から突然意識がなくなってしまう病気?のエヴァン(アシュトン・カッチャー)はその治療の為に日記を書くことを続けていました。

大人になったある時に、その日記を読み返すと日記に書いてある日(過去)に戻れる事が分かります。

ひょんなことから幼なじみのケイリー(エイミー・スマート)と遭遇しますが、ひどい人生を歩んでいる事に愕然とします。

それをエヴァンは子供の時に自分がした選択のせいだと感じ、日記で過去に戻れる能力を活かしケイリーの人生が素敵になるように試行錯誤します。

しかし、誰かの人生を正すと他の誰かの人生が狂う、何度過去に戻っても誰かの人生、時には自分の人生が狂ってしまいます。

どこでどうしたらみんなの人生が素敵にものになるのか?それがエンディングで分かります。

見所

バタフライエフェクト見所
この作品が秀逸なのはなんと言っても何度も過去に戻る時です。

その一回、一回に命をかけるようなスリルがあります。

謎を解く系のサスペンスではなくて『次はどんな未来が待っているんだろう?』とドキドキハラハラさせられてしまいます。

心臓の弱い方にはオススメしません(笑)。

またエンディングも2パターンあるのも特殊でしょう。

エンディングロールの後にもう一つのエンディングがあるので、私は見過ごしてしまってまたDVDを借りた苦い思い出があります^^;

バタフライエフェクト感想

バタフライエフェクト感想
評価でも分かる通り、完璧な作品です!

タイムスリップ系と聞くとタイムマシーンを想像するかと思いますが、バタフライエフェクトでは過去の日記を読み返すという特殊な方法で過去に戻って行きます。

この発想には脱帽しました!!!

2004年に公開された作品で10年以上も前の作品になりますが、私は何度も見てしまっています。

そして私だけでなくレンタルビデオ屋さんにいくと必ずと言っていいほど借りられています。

私のようにバタフライ中毒になっている人がいるのかもしれません(笑)。

バタフライエフェクトは1、2、3と出ています。

ストーリーは繋がっていないのでどれから見てもいいと思いますが、私は1をオススメしています。

2と3も面白いのですが、主演がアシュトン・カッチャーではなくなってしまうこととスリル感で言うと1が頭一つ抜きん出ています。

まだ見ていない人は是非見てください!

すでに見た人は私と語りましょう(笑)。

コメント / トラックバック 2 件

:世界の山ちゃん|

私は、最近地上波で放送された「僕だけがいない街」を調べるうちに、この映画にたどりつきました。一週間レンタルで借りて5回くらい見返したと思います。5回も見返したのは、物語の内容が深いのと、あまりにも主人公の心情が切なくて仕方がなかったからです。
ネットで調べてみると、タイムループ映画ではダントツの名作とのこと。レンタルショップでは地味に扱われていますが、確かに必ず誰かが借りています。沢山の人がこの映画に出会うことができますように願います。

:setuyakun|

世界の山ちゃんさん、コメントありがとうございます(*^o^*)
ほんと『バタフライエフェクト』誰かが借りてますよね!
で、妥協してツーを借りたりするんだけど、ワンほどの満足感わ得られないっていう(^◇^;)
バタフライエフェクトあるあるでした☆

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

自己紹介

似顔絵
【名前】
アキーム
【年齢】
34歳
【職業】
サラリーマン(営業)
【趣味】
DVD鑑賞、読書、フットサル
【特技】
リフティング
【訪問者様へ一言】
ブログにお越しいただきありがとうございます。

ごくごく普通のサラリーマン(独身)の男がちょっと偏った映画の感想えお綴ります。

更新頻度は決して多くありませんが、気の向くままに丁寧に更新していこうと思っています。

コメント大歓迎ですので是非とも仲良くしてください。

さらに詳しいご自己紹介はコチラから