映画志乃ちゃんは自分の名前が言えないロケ地・撮影場所は静岡県沼津市

映画志乃ちゃんは自分の名前が言えないロケ地・撮影場所は静岡県沼津市

志乃ちゃんは自分の名前が言えないロケ地

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のロケ地は静岡県沼津市で行われました。

沼津市は、静岡県の東部に位置し沼津港内の沼津魚市場は、全国有数の取扱量を誇る漁業の街でもあります。

志乃ちゃんは自分の名前が言えないのメインポスターにもなっている志乃と加代の二人乗りのシーンも漁港で撮られたものになります(下記にロケ地詳細あり)

撮影期間は2017年4月中旬から4月下旬にて行われていて、その時期にクラスメート役などのエキストラの募集も行っていました。

学園映画ですので、メインキャストの同級生役(4月22・23・29日の3日)など、高校生役の募集が多数ございます。
参照元:2018年公開予定 ~青春学園映画~ エキストラ募集

主なロケ地は、主なロケ地は長井崎や沼津駅周辺、高島本町、静浦、内浦になります。

長井崎中学校

志乃ちゃんは自分の名前が言えない『長井崎中学校』

《沼津市立長井崎中学校詳細》
静岡県沼津市内浦重須453
055-941-3111

長井崎中学では、主に教室の中のシーンが撮られています。
教室から海が見えるシーンは井崎中学校からの撮影になります。

旧静浦中学校

志乃ちゃんは自分の名前が言えないロケ地『旧静浦中学校』

《旧静浦中学校詳細》
静岡県沼津市獅子浜400

旧静浦中学校は現在は廃校していて、主に映画やドラマのロケ地として使われています。
その為、校内が綺麗に整っていて、水道や電気が使えるようになっています。

志乃ちゃんは自分の名前が言えないの主な校内の撮影は旧静浦中学校を使って撮影されています。

沼津駅

志乃ちゃんは自分の名前が言えないロケ地『沼津駅』

沼津駅周辺でのロケは5~6日間行われています。

内浦魚協

内浦魚協
《内浦漁協詳細》
静岡県沼津市内浦三津88−34

映画のポスターにもなっている代表的なシーンである志乃と加代が自転車の二人乗りをしているシーンは、内浦漁協で撮影されたものです。

まとめ


志乃ちゃんは自分の名前が言えないはウェブマガジン『ぽこぽこ』にて連載されていた漫画の実写映画ということで、かなり前評判の高い映画となっています。

吃音症(きつおんしょう、上手く言葉が話せない病気)の大島志乃を演じるのは南沙良さん、音楽好きだけど音痴な同級生・岡崎加代を演じるのは蒔田彩珠さんというW主演でしかもお二人とも15歳、初主演作品という記念すべき作品でもあります。

沼津市を舞台に繰り広げられる青春ストーリーということで、とても楽しみな映画です。

劇場公開は2018年7月14日です。

■公開情報
監督:湯浅弘章
原作:押見修造
脚本:足立紳
音楽:まつきあゆむ
上映時間 :110分
配給:ビターズ・エンド

映画のロケ地カテゴリの最新記事