【ネタバレ】映画ヘイトフル・エイト感想(※18禁)

【ネタバレ】映画ヘイトフル・エイト感想(※18禁)

キルビルの監督して有名なタランティーノ監督が手がけた作品ということで、ずーーーーーーーっと注目していた作品が今回ご紹介する『ヘイトフル・エイト』です。

舞台は雪山にポツンとある小屋。いわゆる密室で8人の男女のやり取りが繰り広げられる作品ということで、ワクワクしていました。

なんかCUBEとかSAWとは、空間が限られていてい、その場所のサスペンスの展開という作品が大好きなんですよね。

というわけで、ずっと観たかったヘイトフル・エイトを今回観たわけですが、正直期待はずれでした。。。

ヘイトフル・エイト予告

評価

2点(10点満点中)

ストーリー

ヘイトフルエイトストーリー
作品が6つに区切られている点はタランティーノらしかった!

【chapter One】 Last Stage to Red Rock(レッドロックへの最後の馬車)
【chapter Two】 Son of a Gun(ろくでなし野郎)
【chapter Three】Minnie’s Haberdashery(ミニーの紳士服店)
【chapter Four】Domerug’s Got a Secret(ドメルグには秘密がある)
【chapter Five】The Four Passengers(4人の乗客)
【Last chapter】Black Man,White Hell(黒い男、白い地獄)

レッドロックという街に賞金首を連れて行く為に向かう者、
その賞金首を助けようと小屋で待機する者、
その小屋で脅されずっと芝居を続ける者、
運悪く小屋に来てしまった者、

の8人が猛吹雪を避けようと小屋で待機する所から始まります。

そして、ストーリーは毒入りのコーヒーを飲まされて人が死ぬ所から大きく動き、最後殺戮の場へと変わります。

誰が毒を盛ったのか?
目的はなに?
犯人は一人か?

この探り合いがヘイトフル・エイト一番の見所でしょう!

登場人物

ジョンルース
ヘイトフルエイト登場人物1
生け捕りで賞金首を捕まえて絞首刑によって仕留める悪趣味なおっさん。

現代にいたら間違いなく嫌われるであろう、悪人。

マーキス少佐とは賞金首ということで顔見知り。

マーキス少佐
ヘイトフルエイト登場人物2
元軍隊の役人で少佐。

しかし、今では賞金稼ぎとして賞金首から恐れられる存在。

人をためらなく殺す。

リンカーン元大統領の手紙を白人をだます為にいつも携帯している。

デイジードメルグ
ヘイトフルエイト登場人物3
1万ドルの賞金首。

ジョンルースに捕まり生け捕りでレッドロックへ連行される。

ジョーゲージ
ヘイトフルエイト登場人物4
自称カウボーイ。

しかし、本当はドメルグを助ける為に小屋で待機する盗賊。

ボブ
ヘイトフルエイト登場人物5
 小屋で留守番を頼まれたといたメキシコ人。

しかし、本当はドメルグを助けにきた盗賊。

サンディースミザーズ
ヘイトフルエイト登場人物6
 元・南軍将軍。

小屋に偶然いて、盗賊達に芝居をするように命令されている。

息子のことで我を忘れた行動をしてマーキス少佐に殺される。

クリスマニックス
ヘイトフルエイト登場人物7
レッドロックの新しい保安官。

レッドロックに向かう途中に馬が足を折ってしまい、偶然遭遇した ジョンルースの馬車に乗ってしまう。

オズワルドモブレイ
ヘイトフルエイト登場人物8
レッドロックの絞首刑執行人。

しかし、本当はドメルグを助けにきた盗賊。

1時間37分から急展開

1時間37分から急に面白くなる
なんかこの作品、タラタラとしたやり取りが長いです!

ホント途中何度消してしまおうかと思ったことか。

こっちは雪小屋での心理戦を期待してスタンバッテルのに、全然雪小山で行かないんだもん。

そして、雪小屋でもタラタラとしたやり取りがあって、急に1時間37分から事態が急変します!
誰かがジョンルースのコーヒーに毒を入れます。

【chapter Four】Domerug’s Got a Secret(ドメルグには秘密がある)からです。

ドメルグには秘密があるというのは、ドメルグだけがだれがコーヒーに毒を入れたか知っているからという意味です。

作品自体3時間を超える作品ですので、1時間37分というのはヘイトフル・エイトでいう中盤ですね。

一応18禁映画

一応18禁映画
ヘイトフル・エイトは一応18禁の映画です。

ここら辺もどうゆうものがあるのか期待してしまう要素でしたが、結果ただグロイだけでした。

殺し方が銃で頭とか打つから死に方がグロイ!ただそれだけ。

女性がいるからちょっとセクシーなシーンとか想像しちゃいましたが、もう全然ない!!!
ちょっとはあれよ、逆に。

で、オチは?

で、オチは?
最後、盗賊2人とマーキス少佐、クリスマニックスの構図になり打ち合いが始まりますが、マーキス少佐の判断でなんとか盗賊を殺します。

そして、最後にドメルグを小屋で首つりの刑を執行して終わり。。。

えっ!?
って感じでした。

なんか大どんでん返しとか期待してたらそのまま終わった。

オチっていうオチもなく、終わってしまいました。

ヘイトフル・エイト感想

ヘイトフル・エイト感想
ネタバレ盛りだくさんで感想を書いてしまいましたが、パッケージに騙されて観ちゃう人たくさんいると思いますよ、これ。

面白かった!って言う人いるのかな?
私が、観る所ずれてたら教えてください。

あまりおすすめしません。
あー、貴重な休みの3時間を返してほしい。。。

そんな作品でした。

密室系が好きな方は別ページでもレビュー記事を書いていますので、興味があればそちらのページも見ていってください。

⇒ 【ネタバレ】映画エグザム(世界一危険な就職試験)を観た感想

⇒ 【ネタバレ】バスルーム裸の2日間感想(おじいちゃんの性欲w)名言あり

⇒ 【ネタバレ】映画リミット感想(棺桶で始まり棺桶で終わる)

⇒ 【ネタバレ】映画エレベーター感想(キャスト、オチ、名言)

サスペンスジャンルの感想カテゴリの最新記事