【多少ネタバレ】タイムパラドックス系映画ルーパーを観た感想

【多少ネタバレ】タイムパラドックス系映画ルーパーを観た感想

最近観た中で一番面白かったかもしれません!

タイムパラドックス系になりますが、単純に時空を超える感じではない設定が新しいです!

私のようにタイムパラドックス系が好き、単純な感じが好きという方にはオススメします。

タイムパラドックス(time paradox、時間の逆説)とは、時間軸を遡って過去の出来事を改変した結果、因果律に矛盾をきたすことです。

ルーパー予告

評価

7点(10点満点中)

ストーリー

ルーパー見所
この作品が面白いのはその設定になります。

2044年という未来が舞台になっているわけですが、その時代にはルーパーと言われる殺し屋がいます。

ルーパーは未来から次元を越えてやってくる人を、特定の場所で特定の殺し方で殺していく殺し屋です。

しかし、ルーパーには宿命があります。

いつか未来からやってくる自分も殺さなければいけないんです。

ある日いつも通りころしの依頼が入り、特定の場所に向かっていつも通り銃を構えるジョンですが、ひょんなことからその日、未来から送られてきたのが自分だと知り取り逃がしてしまいます。

そこから未来のジョン(ブルース・ウィリス)VS現代のジョン(ジョゼフ・ゴードン)という構図が出来て、、、、

という最初から最後までハラハラするようなストーリーになっています。

ルーパー感想

冒頭でも書きましたように最近観たSFモノの中では一番面白い作品でした。

設定も、未来の自分VS現代の自分という新しいものです。

少し残念なのが作品の終盤に訪れるオチの部分です。

この作品の面白い所は設定というか、企画です。

未来の自分と現代の自分が乱れてこの先どうなるのかと気になっていくのが一番面白いストーリーでしたが、終盤その内容からそれてSF特有のCGが気になる展開となってしまいました。

そうゆう画像も楽しみたいという方には良い展開かもしれませんが、私は純粋にストーリーで楽しみたかったというのが感想です。

しかし、それを差し引いても面白い作品でした。

でも、やっぱりタイムパラドックス系で言ったらバタフライエフェクトには適わないけどね。
⇒ 【ネタバレ】映画バタフライエフェクト1感想(※エンディング最高)

ただ、ルーパーもタイムパラドックス系が好きな方にはオススメですよ。

タイムパラドックス系が好きな方は別ページにもレビュー記事がありますので、そちらのページをご覧になっていってください。
⇒ 【ネタバレ】プロジェクトアルマナック感想(名言あり)

⇒ 【ネタバレ】ザ・ドア~交差する世界~感想

⇒ 【ネタバレ】映画バタフライエフェクト1感想(※エンディング最高)

⇒ 【ネタバレ】ループ時に囚われた男感想(射殺されたアダムの一言が謎)

『ルーパー』などを含めた洋画や最新邦画、海外ドラマなどが見放題な動画配信サービスを価格や特徴、無料お試し期間などの面から比較しました。

頑張ってまとめましたので、よかったらそちらのページもご覧ください。
⇒ 動画配信サービス比較(Hulu/U-NEXT/FOD/dTV)

SFジャンルの感想カテゴリの最新記事