映画きらきら眼鏡ロケ地・撮影場所(池脇千鶴目撃情報アリ)

映画きらきら眼鏡ロケ地・撮影場所(池脇千鶴目撃情報アリ)

きらきら眼鏡ロケ地

映画『きらきら眼鏡』のロケ地は、千葉県船橋市を中心に行われました。

駅での撮影が多く、満員電車のシーンを撮るためにエキストラを多く募って深夜に撮影されたようです。

エキストラは、エントリー総数1000人にも及び、船橋市民が300人参加するなど船橋市民で作った映画と言えます。

撮影期間は、2017年9下旬から2017年10月下旬まで行われました。

そんな、映画『きらきら眼鏡』のロケ地を、ファンからの目撃情報やエキストラ募集要項、公式発表からまとめまたので参考にしていただければと思います。

アドアーズ船橋店前

きらきら眼鏡ロケ地『アドアーズ船橋店前』
千葉県船橋市本町1丁目31−26

ゲームセンターアドアーズ船橋店前では、エキストラも多く交えて撮影が行われたようです。

船橋東ふ頭

きらきら眼鏡ロケ地『船橋東ふ頭』

船橋東ふ頭に停泊している南極観測船しらせで撮影が行われたようです。

船橋東ふ頭では、キャストの金井浩人さん、池脇千鶴さん、杉野遥亮さん、片山萌美さんらがレポーターを前に挨拶も行っています。

デキシークラブ船橋店

きらきら眼鏡ロケ地『デキシークラブ船橋店』
千葉県船橋市藤原5-6-7日野ビル4階

クランクインは、ビリヤードとダーツができる『デキシークラブ船橋店』で行われたようです。

北習志野駅


千葉県船橋市習志野台にある北習志野駅では、深夜にエキストラも大量に交えて撮影が行われたようです。

また、夕方には北習志野駅周辺で池脇千鶴さんの目撃もありました。

八千代緑が丘駅

きらきら眼鏡ロケ地『八千代緑が丘駅』


千葉県八千代市緑が丘にある、八千代緑が丘駅では10月8日に200人を募集して撮影が行われました。

天沼公園

きらきら眼鏡ロケ地『天沼公園』

千葉県船橋市本町にある、大きな噴水が特徴的な天沼公園でも撮影が行われていたようです。

勝浦漁港

きらきら眼鏡ロケ地『勝浦漁港』

千葉県勝浦市にあるある漁港でも撮影が行わました。

船橋大神宮駅周辺

きらきら眼鏡ロケ地『船橋大神宮駅』

千葉県船橋市宮本にある、大神宮駅(だいじんぐうしたえき)周辺でも撮影が行われています。

居酒屋 一九

きらきら眼鏡ロケ地『居酒屋一九』
千葉県船橋市西船4丁目26−3

船橋市西船にある居酒屋一九(イッキュウ)でも撮影が行われました。

一九という名前の居酒屋さんが船橋市にはいくつかありますが、西船にある一九が撮影場所になります。

まとめ

原作『きらきら眼鏡』は、船橋市出身の森沢明夫さんが船橋を舞台に描いた小説になることから、映画も船橋市民がたくさん登場する作品となっています。

実際の駅を使って深夜にエキストラの協力を大量に募って満員電車の撮影が行われるなど、キャストやエキストラ、駅員さんなど数多くの協力の元に作られました。

犬童一利も『100 年先にも世界に残るような映画をみんなで作っていきます』と語っているように、思い入れのある映画になっているようです。

ちなみに同時期に、広瀬すずさん主演映画『SUNNY強い気持ち・強い愛』の撮影や高杉真宙さん主演の『ギャングース』も船橋市で行われていました。

映画『きらきら眼鏡』は、2018年9月7日TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映されます。

■公開情報
監督:犬童一利
原作:森沢明夫
脚本:守口悠介
配給:S・D・P

その他、目撃情報などありましたら、コメント欄にてお知らせいただきましたら記事に追加させていただきますので、どうぞお気軽にコメントください♪

映画のロケ地紹介カテゴリの最新記事