Heaven?ご苦楽レストランロケ地・撮影場所

石原さとみさん主演ドラマ(2019年7月期スタート)『Heaven?ご苦楽レストラン』のロケ地は、埼玉県さいたま市、神奈川県横浜市、東京都中野区・墨田区などで行われています。

撮影は、2019年4月下旬から行われていて、エキストラの募集もありました。

そんな『Heaven?ご苦楽レストラン』のロケ地をファンからの目撃情報や、エキストラ募集要項をもとにまとめましたので参考にしていただければと思います。

シャンソニエ(フレンチレストラン)

埼玉県さいたま市中央区本町西2-6-6

石原さとみさんがオーナーを務めるフレンチレストラン『ロワン・ディシー』は埼玉県さいたま市にあるフレンチレストラン『シャンソニエ』になります。

さいたま市中央区からの報告で、Heaven?ご苦楽レストランのロケ地になったとありました。

川島商店街(東京都中野区)

4月24日、東京都中野区弥生町にある川島商店街で石原さとみさん、福士蒼汰さんの目撃がありました。

与野公園


4月22日、埼玉県さいたま市中央区本町西1丁目にある公園『与野公園』で石原さとみさん、福士蒼汰さんの目撃がありました。

与野公園は『シャンソニエ』からも近い場所にあります。
Heaven?ご苦楽レストランロケ地『与野公園』

横浜中華街

5月17日朝方、神奈川県横浜市中区山下町にある横浜中華街でエキストラの協力のもと撮影が行われました。

あらすじ

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物のせいで、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行役員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか? かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!
Heaven?ご苦楽レストランオフィシャルホームページより

まとめ

石原さとみさんが自己中なオーナーで店内で働く黒須仮名子役で福士蒼汰さんがそこで働く店員の伊賀観役と、またまた楽しみなドラマがスタートしますね。

撮影はまだ始まったばかりですので、これからもロケ地が判明次第、記事にて追加していきます。

最新の情報は当サイトの公式ツイッターから投稿していますので、よろしければフォローのほうを宜しくお願い致します。

ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』は、2019年7月火曜よる10時スタートです。

石原さとみさんは他の作品の撮影でも目撃されているので、下記のページのロケ地もご一緒にどうぞ。
⇒ ドラマ高嶺の花ロケ地・撮影場所(石原さとみ、峯田和伸目撃情報アリ)
おすすめの記事