孤独のグルメ横浜市日ノ出町『中華料理第一亭』チートのしょうが炒め

孤独のグルメ横浜市日ノ出町『中華料理第一亭』チートのしょうが炒め

第一亭

店名 第一亭 (だいいちてい)
ジャンル 中華料理
電話番号 045-231-6137
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
アクセス 京急本線日ノ出町駅より徒歩2分
JR桜木町駅から、徒歩11分
営業時間 11:30~13:30
16:30~21:00
定休日 火曜

メニュー

孤独のグルメ第一亭メニュー
第一亭のメニューは台湾系中華料理になり、麺に飯ものにおかずとバリエーション豊富にあります。

価格も1,000円以下が多く汁物以外だったらテイクアウトも可能です。

五郎’sセレクション

孤独のグルメ第一亭五郎セレクション
この日の五郎さんは、仕事終わりに日ノ出町の動物園を探して歩きますが、結局『動物園に行って何するんだ?』と急に我に返り、それまで結構歩いたもんだからパワー系のお店を、ということで中華料理の第一亭にたどり着きました。

第一亭は豚料理押しのお店であることから五郎さんが注文したのは

  • チート(豚胃)のしょうが炒め
  • ホルモン炒め
  • 豚舌
  • パタン

と、豚のトリプル注文をしていました。

五郎さんらしくなく偏った注文だと感じましたが、来てみたらどれもご飯によく合うおかずばかりでした。

たまにはバランスを考えずにこの日の五郎さんのようにシンプルに『ごはんに合うおかず』で献立を組み立ててもよいかもしれませんね。

チート(豚胃)のしょうが炒め

五郎セレクション『チート(豚胃)のしょうが炒め』
珍しいチートのしょうが炒めは部位としては豚の胃になりますが柔らかくちょっとコリッとした食感になります。

五郎さんもチートを食べた瞬間『とんでもなく美味い』と言っています。

あまり見かけない食材ですが、今度中華料理屋さんに行ってあったら挑戦してみたいと思いました。

ホルモン炒め

五郎セレクション『ホルモン炒め』
このホルモン炒めはプリプリの食感で『ザ・ホルモン』と言った感じでした。

辛みそで味付けされているので、チートとは違いますが、こちらもご飯によく合うのは間違いなしです。

こてっちゃんのもうちょっと肉厚な感じでしょうか。

豚舌

五郎セレクション『豚舌』
豚の舌(タン)ですが、第一亭の豚舌はボイルしてあります。

刻んだネギと味噌で食べるスタイルになります。

これはおかずという感じではなく、どちらかというとチートの前の前菜にうってつけのメニューだと感じました。

パタン

五郎セレクション『パタン』
パタンは第一亭のオリジナルメニューで、にんにくが効いてるやきそばになります。

味付けはごま油と醤油で具は少々のネギとにんにくというシンプルな料理です。

メニューには標示されてなくて、もともとはまかない料理だったけど常連さんが頼むようになった料理になります。

パタンの名前の由来は、作る時ににんにくを包丁で『パタン』とつぶす事から名付けられたようです。

麺を付属のスープに浸けて食べても美味しいようです。

ただにんにくがこれでもかってくらい入っているので、昼間に注文するお客さんは少なく、食べたら2日間はにんいく臭が残るようですので、注文の際はその後のスケジュールも気にしましょう。

五郎の名言

ほんとに美味しい
ワン、ワン、ワンダフル

誘い球に手を出すと軸がブレル

飯とホルモンと俺
この三角ベースを回り続けていたい

ネギってどこにいってもいいアシストするよなー

まとめ

この日は五郎さんのおやつタイムが少なく(仕事の打ち合わせでシュークリームを召し上がっていました)ちょっと、寂しい印象でした。

自分が思っている以上に、甘いものを欲していることを再確認しました。

ただ、第一亭のインパクトは凄かったですね!
台湾風中華ってにんにくがベースになるのかな?

雰囲気としては川崎市新丸子にある『中華料理三ちゃん食堂』に似ていました。

友人と一緒にというよりも一人の休日前なんかに寄ってみたいお店だと感じました。

孤独のグルメに出てきたお店一覧カテゴリの最新記事