泣くな赤鬼ロケ地・撮影場所

映画『泣くな赤鬼』のロケ地はオール群馬県(前橋と高崎、安中の3市)で行われました。

撮影期間は、2018年8月7日から2018年9月2日までになります。

高校野球がテーマとなっているストーリーになりますので、球場での撮影や高校での練習では地元の方のエキストラ協力のもと撮影が行われています。

そんな映画『泣くな赤鬼』のロケ地を、ファンからの目撃情報やエキストラ募集要項をもとにまとめましたので、参考にしていただければと思います。

高崎城南球場

泣くな赤鬼ロケ地『高崎城南球場』

群馬県高崎市下和田町2丁目12

8月29日、群馬県高崎市にある高崎市営球場『高崎城南球場』で撮影が行われました。

球場での試合シーンの撮影という事もあって大勢のエキストラの協力のもと撮影されています。

高崎経済大学付属高校

群馬県高崎市1650−1

小渕隆(演:堤真一さん)が監督を務める城南工業野球部は高崎経済大学付属高校になります。

野球部員のみなさんは本物の高校球児でおよそ3か月間練習なさったそうです。

群馬県立心臓血管センター

泣くな赤鬼ロケ地『群馬県立心臓血管センター』
群馬県前橋市亀泉町甲3−12

柳楽優弥さん演じる斎藤智之が入院している病院は、群馬県立心臓血管センターになります。

まとめ


映画『泣くな赤鬼』は、かつて『赤鬼』と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆がガン闘病中のかつての教え子・斎藤智之(ゴルゴ)と再会したことで、二人の関係性があの頃に戻って、そして小渕隆はゴルゴから多くの事を学んでいきます。


原作は、重松清さんの同名小説になります。

映画『泣くな赤鬼』の劇場公開は2019年6月14日です。

■公開情報
監督:兼重淳
原作:重松清
脚本:上平満、兼重淳
主題歌:竹原ピストル
配給:KADOKAWA
上映時間:111分
オフィシャルホームページ:https://akaoni-movie.jp/

堤真一さんは他の作品でも目撃情報がありますので、そちらのページもご覧ください。
⇒ 決算!忠臣蔵ロケ地・撮影場所(堤真一・岡村隆史目撃情報アリ)
川栄李奈さんは他の作品でも目撃情報がありますので、そちらのページもご覧ください。
⇒ 映画恋のしずくロケ地・撮影場所(川栄李奈、小野塚勇人目撃情報アリ)
おすすめの記事