映画あまのがわロケ地・撮影場所(史織の高校、祭りの場所など)

映画あまのがわロケ地・撮影場所(史織の高校、祭りの場所など)

あまのがわロケ地

映画『あまのがわ』のロケ地は、鹿児島県市内、屋久島、種子島、東京都を中心に行われました。

撮影期間は、2017年11月初旬から2017年11月下旬まで行われたようです。

主演を務める福地桃子さんは、俳優の哀川翔さんの娘さんですが、哀川翔さんの出身地が鹿児島県ということもあって思い入れのある作品となっているようです。

鹿児島県市内で行われたおはら祭りではエキストラも交えて福地桃子さんも太鼓の演奏シーンの撮影があったようです。

そんな映画『あまのがわ』のロケ地を、キャストからの報告やエキストラ募集要項、各マスコミ報道などをもとにまとめましたので参考にしていただければと思います。

屋久島

あまのがわロケ地『屋久島』
映画『あまのがわ』は、東京で暮らす女子高生の史織(演:福地桃子)が母親の菊江(演:水野久美)からの頼みで一人屋久島に旅立つストーリーで、ティザー映像でもあるように大自然の映像は屋久島で撮影されたものになります。

屋久島では、史織がお世話になるであろうペンションでの撮影も行われたようです。

ペンションのオーナー役には芸人のマツモトクラブさん、そのペンションでアルバイトをする役には歌手の住岡梨奈さんなどが務められるようです。

鹿児島県立屋久島高等学校

あまのがわロケ地『屋久島高校』

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2479−1

古新舜監督のツイッターから、屋久島高校がロケ地となっている報告がありました。

聖徳学園高等学校

あまのがわロケ地『聖徳学園高等学校』


東京都武蔵野市境南町2丁目11−8

史織が東京で通う高校は東京都武蔵野市にある聖徳学園高等学校でした。

エキストラの募集も行われて撮影が行われたようです。

旭通りの南日本銀行の交差点

あまのがわロケ地『旭通りの南日本銀行の交差点』
『あまのがわ』の見所シーンの一つでポスタービジュアルにもなっている、おはら祭りの太鼓演奏シーンは鹿児島県霧島市国分中央の旭通りでエキストラを交えて撮影が行われたようです。

福地桃子さんは太鼓未経験ではありましたが、今回の撮影の為に猛練習をされて今回の撮影に臨んだようです。

まとめ


映画『あまのがわ』は、いじめで心をなくした高校生史織が屋久島を訪れて分身ロボットと出会って、徐々に心を取り戻していくという青春ストーリーです。

古新舜監督も、幼少期にいじめを経験されていて、そうゆう自身の経験も元にされて『あまのがわ』の作成をされたそうです。

劇場公開は、2018年冬頃になるとのことです。

■公開情報
監督:古新舜
脚本:古新舜

映画のロケ地紹介カテゴリの最新記事