わたし、定時で帰りますロケ地・撮影場所(吉高由里子目撃情報アリ)

わたし、定時で帰りますロケ地・撮影場所(吉高由里子目撃情報アリ)

わたし、定時で帰りますロケ地・撮影場所

吉高由里子さん主演火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります』のロケ地は、東京都を中心に行われています。

撮影は、2019年2月中旬にクランクインして撮影されています。

エキストラの募集も行われています。

そんな、ドラマ『わたし、定時で帰ります』のロケ地を、ファンの目撃情報やエキストラ募集要項をもとにまとめましたので、参考にしていただけたらと思います。

東京都千代田区神田淡路町2丁目

わたし、定時で帰りますロケ地『東京都千代田区神田淡路町2丁目』
2月24日、東京都千代田区神田淡路町2丁目で吉高由里子さんの目撃がありました。

ベージュのコートを着て、周囲もスーツ姿の方がいるので出勤シーンかもしれません。

大岡山駅前

3月8日、東京都大田区北千束三丁目にある東京急行電鉄の駅『大岡山駅』前で吉高由里子さん、中丸雄一さんの目撃がありました。

品川シーズンテラス


吉高由里子さんのツイッターで品川シーズンテラスでも撮影が行われたと報告がありました。

東京タラレバ娘でも品川シーズンテラスはロケ地となっています。

あらすじ

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。

行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。

だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。

彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?
わたし、定時で帰りますオフィシャルホームページより引用

まとめ


仕事を効率化して入社以来、残業ゼロ生活とかって凄い!

『わたし、定時で帰ります』みたいなドラマ見ると仕事へのモチベーションが上がるのは私だけでしょうか?

仕事後には行きつけの中華料理屋で一杯なんて最高です。

深田恭子さん主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』が終了した枠(火曜よる10時)に『わたし、定時で帰ります』が入るという事で、また当分は火曜日の夜は楽しめそうです。

⇒ 初めて恋をした日に読む話ロケ地・撮影場所(深田恭子目撃情報アリ)

『わたし、定時で帰ります』は2019年4月火曜よる10:00放送開始です。

吉高由里子さんは他の作品の撮影でも目撃されているので、下記のページのロケ地もご一緒にどうぞ。
⇒ 映画検察側の罪人ロケ地、撮影場所(木村拓哉、二宮和也目撃情報アリ)

ドラマのロケ地カテゴリの最新記事