【動画あり】スーパーの女を観た感想

スーパーの女ヘッダー
たぶん小学生くらいの時に一度親と一緒に見た事がありましたが、気になって最近借りて見たら大変です!

こんなにも素晴らしい作品だったなんて!!!

笑いありアクションあり感動ありとジャンルが難しいですが、見ていて元気が出るというところからコメディーとさせていただきました。

この作品は、自分で事業を営んでいらっしゃる方には至玉の作品となる事間違いありません!
まさに目から鱗(うろこ)です!

また、現在サラリーマンやOLなどで勤めていらっしゃる方にもモチベーションアップになりますよ^^

とにかく素晴らしい作品でした!

スーパーの女予告

評価

10点(10点満点中)

ストーリー

スーパーの女ストーリー
ダメダメ経営者の五郎(津川雅彦)は正直屋というスーパーの店主ではあるものの、その仕事に熱意が見いだせずやる気なく毎日を送っていました。

そんな時、近所に『安売り大魔王』というチェーン展開している競合スーパーが開店します。

しかし、安売り大魔王はい輸入肉を和牛として倍の価格で店頭に並べ、そこから3割引にして売るようないんちきを平気でやるスーパーでした。

視察のため安売り大魔王を訪れると、そこで小学生の時の幼なじみ井上花子(宮本信子)と再会し、激安大魔王の欠点をズバズバ言う花子に正直屋で働くようにすすめ、花子は五郎の為にチーフリーダーとして正直屋で働く事になります。

やる気のない従業員ばかりの正直屋に花子はズバズバと改善点を指摘し、みるみる正直屋を立て直していきます。

一人の主婦が事業主として生き生きと孤軍奮闘していくサクセスストーリーです。

井上花子の名言5選

スーパーの女名言
競合店に対するアイディア

他のスーパーが安売りセールをやる前に自分の店でセールをかけて、お客さんの冷蔵庫をいっぱいにしてしちゃえばいいんだよ。

お盆セールの時のアイディア

今まで6000アイテムのうち200アイテムがセールの対象だった。
それを全商品1割引きにする。
主婦はこのチャンスを見逃さない。

正直屋が不正を行っている事を職人にもの申した時の発言。

リパック(売れ残った商品を今日の日付にして店頭に出す作業)はみんな嫌がっています。
なぜ嫌がっているかと言うと、ウソをついているからです。

スーパーの大原則を主婦目線から指摘する

まだ買うものが決まっていない主婦は、まず冷蔵庫の補充から行う。
だからスーパーの売り場は野菜から始まっている。

卵の値段を赤字価格でチラシに掲載してしまった時にためらわずに卵の重要性を説いた一言。

卵のないスーパーをどう思いますか?

感想

スーパーの女感想
正直、この作品を見るまではスーパーという仕事を軽んじていました。

今、思うと本当に恥ずかしいです!

なんだったら、ちょっとスーパーに転職したいくらいの感情まで芽生えました(冗談抜きのマジな話しです!)。

最後のほうは感動してちょっと泣いたしね^^;

文句なしの評価10点の作品です!

余談ですが、映画の最後に役と名前が入ったテロップが流れるじゃないですか?

あれで、作品に出演した全ての人の名前がテロップで流していました。

スーパーの女テロップ

そうゆう所にもこの作品がどれだけの愛情を持って作られたのかが垣間見られますよ^^

マジオススメです!

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

自己紹介

似顔絵
【名前】
アキーム
【年齢】
34歳
【職業】
サラリーマン(営業)
【趣味】
DVD鑑賞、読書、フットサル
【特技】
リフティング
【訪問者様へ一言】
ブログにお越しいただきありがとうございます。

ごくごく普通のサラリーマン(独身)の男がちょっと偏った映画の感想えお綴ります。

更新頻度は決して多くありませんが、気の向くままに丁寧に更新していこうと思っています。

コメント大歓迎ですので是非とも仲良くしてください。

さらに詳しいご自己紹介はコチラから