映画館のアルバイトの面接必勝法(髪色・服装・志望動機例アリ)

映画館のアルバイトの面接必勝法(髪色・服装・志望動機例アリ)

映画館の面接内容

映画館のアルバイトの面接内容は、面接官と1対1で行われる場合、面接官数人とアナタで行われる場合、面接官数人とアルバイト希望者数人で行われるタイプに分けられます。

小規模から中規模の映画館では面接官と1対1で行われる場合が多いですが、大手の映画館の場合だとオープニングスタッフの募集の時には一度に20人くらいまとめて面接を行う映画館もあります。

面接にかかる時間は30分から1時間というのが相場になります

結構長いように感じられるかもしれませんが、希望者が数人いる場合には1時間程度かかるのが普通です。

反対に1対1対の面接であれば30分程度で終了しますが、採用が濃厚な希望者の場合には面接時に仕事内容や社内でのルールの説明が行われる時もあります。

雰囲気も特別堅苦しいものではなく、割とフランクに行われることが多いです。

圧迫面接や意地悪な質問などもありませんが、ごくたまに変化球気味の質問を投げかけてくる面接官もいます。(質問内容なページ下部)

通常の場合、映画館の繁忙期前(春休み、夏休む、冬休み、ゴールデンウィーク)にアルバイトの募集が行われるので、アルバイト希望者数人まとめて行われることもざらにあるので頭に入れておきましょう。

面接時の服装・髪型

映画館アルバイトの面接時の服装《男性》

映画館アルバイトの面接時の服装《女性》
画像参照元:バイト面接の「服装」の基本 | タウンワークマガジン

面接時の服装は、スーツではなく普段着で構いません。

ただし、あまりラフな格好は避けるようしましょう。

短パンやサンダル、スカート、ジーパン、Tシャツなどは避けた方がよいでしょう。

ポロシャツやチノパンなどの小綺麗な服装が好まれます

髪色は黒が基本です。
髪が長い人は後ろで一つに結びましょう。

髪を染めたり、ピアス、ヒゲなどは禁止です。

映画館のアルバイトは接客業ですので清潔感を意識した服装・髪型を意識しましょう。

面接時にアピールした方が良いポイント

映画館のアルバイトの面接時に意識しておいたほうが良いポイントをまとめておきましたので参考にしてください。

ちなみにアルバイトでは採用人数に限りがありますので、いくらあなたが素晴らしい方でも他の希望者のほうが優れている点があったら落とされてしまいます。

面接時にはできるだけ自分をアピールするようにしましょう

時間の融通が利くことをアピールする

アルバイト募集要項では募集されている時間帯があるかと思いますが、その時間帯も入れるようであれば面接官に時間の融通が利くことをアピールしましょう

決して無理をする必要はありませんが、融通が利くのであればそれはあなたにとってプラスに働きます。

映画館のアルバイトは、平日の昼間などは人も少なく混みあいませんが、土日などの休日には大変混みあいます。

その為、一人病欠などがでると全体がさらに忙しくなってしまうので、時間に融通が利く人がいるというのは採用側するとかなり助かるわけです。

その申し出を受ける受けないはあなた次第にはなりますが、時間に融通が利くのであればしっかりと面接官に伝えるようにしましょう。

人が嫌がることをできるアピール

映画館でのアルバイトは接客業になりますので、自分が清潔を意識するのはもちろんですがカウンターや床などを綺麗に保つことも意識できる人が重宝されます。

なので具体的な事例も交えて、自分は人が嫌がることをできるアピールをするとよいでしょう。

学校での掃除はみんなよりも数分長く行っていることや部屋の掃除は2日に一回は行っている、犬の散歩も積極的に自分が行っているなどのことを伝えるとアナタにとってプラスに作用してくれます。

もちろん嘘はダメです。
嘘ではなく、自分に人が嫌がることをできる精神があるのであれば、積極的に面接官に伝えるようにしましょう

挨拶の時の声や表情

面接官があなたを見ている一番のポイントはあなたの愛想です

映画館のアルバイトは接客業になりますので、笑顔のない暗い人は論外です。

反対にニコニコしていて、面接官からの質問にも元気よくハキハキ答えられればかなりのプラス材料になります。

中でも初めと終わりの挨拶は元気よく行うようにしましょう。

『〇〇〇〇(名前)です。本日はよろしくお願いします。』
『本日はお時間作っていただきありがとうございました。』

と、元気よく言えるだけでかなりあなたの印象が良くなります。

是非とも、笑顔を意識して面接に臨むようにしてください。

面接でよく聞かれる質問

映画館のアルバイトの面接でよく聞かれることをまとめました。
これが全てではありませんが、よく聞かれる事なので最低限準備して面接に臨むようにしましょう。

  • うちの映画館を志望した理由はなんですか?
  • 好きな映画はなんですか?
  • 最近見た映画はなんですか?
  • 自分の長所、短所はなんですか?
  • 将来の夢はありますか?
  • あなたにとって仕事とはなんだと思いますか?
  • どれ位の期間働けますか?
  • 体力には自信がありますか?
  • 土日祝日や年末年始などの忙しい時期も出勤できますか?

中にはちょっとした変化球を投げてくる面接官もいます。

自分を陸上選手に例えるとしたらスプリンタータイプか長距離選手タイプのどちらですか?
君を雇ったらうちにどういったメリットがありますか?
今までの人生の中で一番頑張ったと思う事を教えてください。

変化球気味の質問にも答えはありません。

嘘をつくことなく元気よくハキハキ答えるようしましょう

分からない時やすぐに答えが思い浮かばない時には『30秒ほどお時間をいただいてもよろしいでしょうか?』と、許可を得てから考えるようにしましょう。

志望動機例

映画館のアルバイトの面接時に必ず聞かれると言っても過言でもないのが志望動機です。

簡潔に答えるようにしましょう。

私は映画が好きなので映画に関わる仕事がしたいと思い志望させていただきました。
くわえて貴館のスタッフの対応や設備に好感を持ちました。
映画館でのお仕事を通じて自分を高められればと考えております。

などと答えられれば良いでしょう。

ここでも嘘はダメなので、一度はアルバイトに行く映画館に足を運んで実際のスタッフの対応や設備を見ておくと、その後の突っ込んだ質問にも答えられます。

採用通知は1週間以内に来る

面接が終わったらあとは合否の結果を待つだけです。

大抵の場合、採用の場合には電話連絡が来て、不採用の場合は履歴書の郵送があります。

期間は1週間以内に返事が来るところが多いです

その日のうちに連絡が来ることもありますし、人事の人の都合で1週間ほどしてから返事がくることもあります。

また、1週間以上経過しても別の採用者が辞退してしまい人員に欠員が生じて、あなたに採用の連絡がくることもあります。

いつまで待てばいいという期間の決まりはありませんが、だいたいは1週間以内に返事が来ます。

まとめ

面接ではつい自分を良く見せようと嘘を並べてしまう方もいますが、入社後にトラブルにもなる可能性もあるので絶対にやめましょう。

それよりも映画館のお仕事には笑顔が何よりのプラス材料になります。

多少の面接での失敗も笑顔があれば取り戻せます。

面接当日は緊張すると思いますが、楽しい映画館での仕事を想像して面接に臨んでください。

映画館のアルバイトの面接でのキーワードは『笑顔』『元気』『ハキハキ』です

映画館の評価・口コミカテゴリの最新記事