映画館のアルバイトってしんどいの?経験者の実際の口コミと仕事内容

映画館のアルバイトってしんどいの?経験者の実際の口コミと仕事内容

映画館のアルバイトの仕事内容

映画館のアルバイトの仕事はセクションごとに分けられている分業制をとっているところが多いです。

セクションは大きく5つに分けられ

  • チケット(チケット売り場)
  • コンセッション(売店)
  • フロアー(チケットもぎり、清掃)
  • プロジェクション(映写)

に分けられます。

映画館のアルバイトでは上記4つのうちの一つのセクションを任せられることが多いですが、仕事に慣れてきたらヘルプで違うセクションを行ったりすることもあります。

また、小さい映画館ではセクション分けを行わず全ての業務をこなすオールラウンダーを求められることもあります。

大手の映画館ではセクションごとの分業制をとっているところが多いです。

ちなみに、アルバイトの面接時にはどのセクションの希望かも聞かれることもありますので、各セクションの仕事内容を把握しておきましょう。

チケット(チケット売り場)業務の口コミ

  • 外国人の対応に慣れるまでに時間がかかりました
  • 声を出し続けるので混みある休日などでは、声が枯れることもありました

チケットはチケットカウンターでお客さんと対面してチケットの販売を行うセクションです。

映画館の顔と言ってもいいですが、お客さん対応を行うので敬語やおもてなしの精神などの接客スキルが要求されます。

また映画館によっては、ポイントカードの発行業務や混雑時のお客さん誘導を行う声だしも行います。

映画館の中はお客さんでザワザワしているので、声を枯らす人も結構いるほど大きな声で誘導する必要があります

多少のお客さんのクレーム対応もチケットの仕事になります。
対応できないクレームに関しては社員さんが対応してくれますが、実際にはそこまでのクレームは起きないのでチケットがクレームを処理することが多いです。

チケットは一番大変なセクションではありますが、やりがいのある仕事です。

コンセッション(売店)業務の口コミ

  • 初日から割引dayだったのでバイト開始二時間後からレジ打ちっぱなしでかなり精神的にやられた
  • ファーストフード的なサービス精神が一番必要だと思います
  • 混雑によって大変さが愕然と違い、刺激的です

コンセッションはフードの売店やグッズの管理や販売、前売り券などの販売を行うセクションです。

コンセッションも接客業務になるので、ある程度の接客スキルが求められます。

映画館ではポップコーンやフランクフルト、ドリンクなどの調理を必要としないフードを提供していますので、仕事自体はそれほど難しくはありません。

チケット同様現金を扱うセクションになるので、ある程度の神経を使います。

また、映画が上映されてすぐに買いにくるお客さんも結構いるのでかなり急かされた対応を求められます。

ただ、コンセッションの業務は混雑時を過ぎればお客さん対応も少なくなるので最後まで仕事をせずに帰宅することも可能です

学生さんなどは門限などのある方はコンセッションに就く事で希望する時間帯で働ける可能性が高いです。

フロアー(チケットもぎり、清掃)業務の口コミ

  • 映画館は床が絨毯だったりするので掃除機を多く使うので比較的楽です
  • クレーム処理は大変だけど、複雑なクレームは社員対応になるのでそれほど気になるものではありません
  • 単純作業で楽だけど疲れる
  • お客さんに暴言吐かれた、最悪

フロアーはチケットもぎりと館内清掃が主な業務になります。

現金を扱いませんし、仕事内容自体も難しいものでもありません。

まれに座席までお客さんの誘導もをしたりします。

ただ、子供の来場が増える長期の休みに入る時期(ゴールデンウィーク、春休み、夏休み、冬休みなど)には、映画館がかなり汚れます。
この時期のフロアー清掃は結構大変です。

フロアーは映画館のアルバイトの中で最も人気のあるセクションです

プロジェクション(映写)業務の口コミ

  • 映写は少し専門的な部署でやりがいという意味では一番あると思います
  • 映写室は暗くて、常に、複雑に入り組んだ上映時間との戦いです
  • 映写は映画館でアルバイトをしている醍醐味が味わえます
  • 混んでいようがいまいが同じ作業をするので、気持ち的には落ち着いて仕事できます

プロジェクションは社員さんが行う映画館がほとんどですが、割と小規模の映画館では募集が行われます。

プロジェクションの業務自体は難しいものではありませんが、毎回時間通りに始めなければいけませんので遅刻などは許されません

ある意味では、一番責任の大きな仕事と言ってもいいでしょう。

プロジェクションは他の仕事では経験できない経験ができるので、良い思い出になります。

従業員鑑賞制度がある映画館がある

映画館でアルバイトをするメリットの一つとしては、無料で映画を観る事が出来る従業員鑑賞制度があります。

従業員鑑賞制度は、平日の昼間など比較的お客さんが少ない時間帯で映画を鑑賞することができます

ただ、全ての映画館で従業員鑑賞制度の特典がうけられるわけではありません。

大手の映画館では、従業員鑑賞制度のかわりに映画の割引クーポンとかポップコーンやジュースの割引券などをくれたりします。

勤務時間

映画館のアルバイトの勤務時間は映画館ごとによってばらつきがあります。

ただお客さんで混みあう平日の17:00~22:00という枠や土曜日、日曜日の昼間の募集が多いです。

映画館によっては深夜まで営業している所もありますので、応募する前にその映画館の営業時間の確認しておきましょう。

たまに大きなイベントの前日などには深夜までの準備作業や早朝勤務などもあります。

なるべく融通を効かせて働きたいという方はコンセッションの希望をおすすめしていましたが、反対にフロアーは最後までお客さんの対応をしなければいけないので早上がりなどはありません。

また、映画館で土日だけ働くというスタイルをとっている方もいます。

映画館は土日に混みあいますので、土日のみの勤務も歓迎されることがあります。

『土日のみで希望するのは抵抗がある』という人もいるかもしれませんが、土日のみで働いている方も大勢いるので、面接時にきちんと希望を伝えるようにしましょう。

外国人の対応も多い

最近の映画館は外国人観光客も多く外人を相手にすることもあります。

英語や中国語が話せればかなりの強みになりますが、特段必須のスキルでもないので、あればなおよしくらいに考えておけばよいでしょう。

ただ、外国人対応に関しては映画館に限らず接客業では増えていますし、マクドナルドなどでは必須のスキルになっていますよね。

そうゆう意味では、将来の事も考えて英語や中国語の勉強の意味もかねて映画館で働くっていう考え方もとても前向きですね。

また、そうゆう意味だと留学生の方なんかは逆にチャンスですよね。

多少日本語が不得手でも英語や中国が話せるというのは大きな武器になります。

留学生の方も積極的にアルバイトの面接に挑戦しましょう。

映画好きな人との出会いの可能性がある


やっぱり映画館のアルバイトを希望する人は、最新の映画情報に触れたいとか、無料で映画が観られる(従業員勧奨制度)とか映画館のアルバイトを志望する理由は様々ですが、基本的に映画好きな人が多いです。

根本は皆さん映画が好きでエンターテインメント性のあるような思考をされている方が多いので、そのような人と出会える可能性の多い職場だと言えるでしょう。

映画館のアルバイトは接客業になりますので、笑顔が素敵だったり、元気だったり、親切だったりする人が多い職場でもあります。

出会いの数は特別に多い場所ではありませんが、間違っても『暗い人』なんかが働ける職場ではないので、素敵な出会いの可能性も高いと言えるでしょう

まとめ

映画館のアルバイトはイメージとは違って結構ハードな仕事内容であるケースが多いです。

特に大手の映画館や土日や連休など繁忙期には仕事に追われる感じになります。

その反面、それ以外の閑散期には結構暇になる映画館もあります。

仕事の量も時期によって変化しますし、映画館のアルバイトはかなりの数のお客さんと臨機応変な対応が求められます。

是非とも、経験者の口コミを参考にして映画館のアルバイトに臨んでいただければと思います。

映画館の評価・口コミカテゴリの最新記事