【動画あり】ラ・ラ・ランドを観た感想

【動画あり】ラ・ラ・ランドを観た感想

『ラ・ラ・ランド』本当は映画で観たかったんだけど、気づいたら上映が終わっていて、今回ツタヤで先行レンタルが開始されたという事でDVDを借りてきました^^

ミュージカル作品はあんまり観ませんが、この作品のテーマは『夢』ということと使われている音楽が素晴らしかったので、ずっと興味がありました。

最初に言いますが、とっても素晴らしい作品でした!!!!

ラ・ラ・ランド予告

評価

10点(10点満点中)

ストーリー

ラ・ラ・ランドストーリー
ミアは女優志望、セバスチャンはジャズのお店を開店することを夢見るミュージシャンという二人の夢を追う若者の作品です。

ミアは6年間カフェのウェイトレスをしながらオーディションを受けてはダメの連続で自信喪失気味の中、近所の店でジャズを弾くセバスチャンと出会い、セバスチャンの音色に聞き惚れます。

お互いの夢を励まし合いながら二人は親密になっていきますが、仕事が上手くいきだすと二人の距離はどんどん離れてしまいます。

そして、お互いが自分の夢を大切にする事を選び、二人は離れる事になりますが、5年後にセバスチャンの店で二人は再会してしまうんです。
この時の二人の表情がたまりませんでした!

マジ泣きますよ!

ラ・ラ・ランド名言

ラ・ラ・ランド名言
セバスチャンがジャズの素晴らしさをミアに語ったときに言った名言。

ジャズの素晴らしさは耳だけじゃ分からない。
目で見ないと。

ミアで自信を喪失した時のセバスチャンがミアを励ます時の名言。これはマジ震えた!

あるよ!あるよ!あるよ!

夢と仕事の両立は不可能!?

ミアは夢の為にセバスチャンと分かれる事を選んだわけですが、それで本当に良かったのかなって感じました。

だって、最後にセバスチャンの店でセバスチャンの事を考えていた時のミアは絶対に『もしもあの時、、、』って思ったと思うもん!
最後の最後、店を出る時のミアの笑顔が凄く悲しそうだったのが、本当に印象的だった。

夢と大切な人の二者択一というのはナンセンスですよね!絶対!

挿入歌が神


ラ・ラ・ランドはミュージカル作品で途中にミュジーカルが入ってきますが、そこで使用される音が神です!

中でもラ・ラ・ランドで中心的に使われていたAnother Day of Sunは本当に鳥肌ものですよ!
ユーチューブにあったので貼っておきますので、是非聞いてみてください!

ラ・ラ・ランド感想

ラ・ラ・ランド感想
なんだか自分の中の熱いものがこみ上げてきて、テンションが上がっちゃいました!

と思ったら、二人の恋愛に入ってちゃって泣けてきちゃったりと、わずか二時間の間に感情を揺さぶられまくられました(汗)

この作品は若い人から年配の方まで感情移入できる作品ですよ!
特に夢がある人、夢を諦めてしまった人、夢を追っている人に是非観てほしい!

ただ注意点があります。
寝る前に観ない方がいいよ、テンション上がって寝れなくなるから^^;

ラブロマンスカテゴリの最新記事